ダイエットで自分磨き|脂肪を取り除くミラクル施術は効果絶大

体重計

手軽な脂肪溶解注射

ウエスト

人気のプチ整形

美容外科ではメスを使用しないで行うプチ整形が人気です。プチ整形は麻酔なし、ダウンタイムなし、手術当日から洗顔やシャワーが可能な場合が多く、仕事の帰りなどでも気軽に受けることができます。プチ整形は料金的にも大掛かりな手術よりもリーズナブルな設定になっているので、お金に余裕がない学生にも人気があります。ダイエット効果がある痩身術もプチ整形で出来ます。切らない脂肪吸引として人気なのが「脂肪溶解注射(メソセラピー)」です。脂肪溶解注射は、大豆レシチンから抽出した特殊な薬液を皮下組織に注入し、サイズダウンを図るプチ痩身です。大豆レシチンの薬液には脂肪細胞を溶かす働きがあり、溶解された脂肪細胞は、注入してから一週間ほどで体外に排出されます。一度では十分な効果がないので、3回以上繰り返して注入する必要があります。脂肪吸引のように即効性はありませんが、ゆっくりとサイズダウンしていくので体への負担が少ないというメリットがあります。また、脂肪溶解注射を繰り返し打つと代謝がアップし、痩せやすい体質になります。どんなにがんばってダイエットをしても痩せないという人でも、ダイエットと脂肪溶解注射を併用して行うと痩身効果が高まります。

安く自然に痩せる

普通にダイエットをしているような感覚で、自然にスリムになっていくのが脂肪溶解注射の魅力です。その日のうちに痩せたい人には向いていませんが、メスで体を傷付けたくない人、すぐに仕事復帰したい人、できるだけ安い治療費で痩せたい人に最適です。脂肪溶解注射のしかたは簡単で、まずカウンセリングで痩せたいエリアを決めて、そこに注射を数センチ間隔で打ち、薬液を注入していくだけです。麻酔も不要ですが、注射針の痛みが不安な場合は麻酔クリームや麻酔テープなどで皮膚の感覚を麻痺させてから注入してもらうことができます。注射をしたあとはすぐに帰宅できて、その日のうちにシャワーもできます。注射針の赤みや、まれに内出血あとが残る場合もありますが、時間の経過と共に消失していきます。治療料金は一回あたり5千円〜1万5千円ほどが相場です。10万円単位の手術料金がかかる脂肪吸引手術と比べると、破格の安さといえます。通常、脂肪溶解注射は数週間おきに数回に分けて行います。一回だけで契約をするよりも、3回ほどのセットになったコースを申し込むと、初回治療費が安くなったり、一回あたりの治療費がお得になったりするクリニックも沢山あります。